読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
かごんまおごじょの気ままなblog

Children of Deaf Adultsとして

初めての記事なので、私のことについて。

(日本語&English)

 

私はCODA「コーダ」として育ってきました。

CODA=Chidren of Deaf Adults

つまり聞こえない親をもつ子どものことです。

 

私はこのことを20代になるまで、

どこか受け入れきれずに生きてきた。

そんな気がしています。

 

小さいころから英語・外国に興味があり、

大学では英語漬けの日々。

日本語で文章を書くのが辛くて、

英語で日記を書いていた日が懐かしいですが・・・笑

 

私がCODAだということを受け入れられるようになったのも、

大学の教授のおかげです。

外国人の先生たちは、

「手話も言語の一つだし、あなたはバイリンガルってことね?!」

とワクワクして話してくれました。衝撃でした。

私自身が、手話を言語として認識できていなかったからです。

彼らがいなければ、私は私を受け入れられなかっただろうと

思っています。

 

そして、日本語教育を学ぶために大学院に進学しました。

日本語を学んで実感するのは、

聴覚障害のある人日本語についてから受ける質問と、

外国人の人が日本語に対して疑問に思うところが似ているなということ。

(日本語が母語でないから、疑問が似るのは必然なのかもしれないけれど)

 

言語を学んできた身として、言語の力は凄まじいと思います。

何かを学びたいとき、伝えたいとき、知りたいとき、

誰かとコミュニケーションをとりたいとき。

ことばがなければ、どんな社会になるのかな?と

想像するのも怖いくらいです。

 

今、将来の生き方を絶賛模索中です。

自分が生まれた環境は偶然ではなく必然だと思っています。

日本語と英語と手話。言語の力を実感しているからこそ、

微力ながらできることがあるんではないか?と思っています。

 

わたしは何をして人生を楽しく生きていきたいか。

プラス、私のすることが誰かの幸せになれば。

大きい口を叩いていると思われても

しかたがないかもしれないけれど。

 

読んでくださったかたがいれば、

あなたの生き方ややりたいことシェアしてくだされば

嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Hi, I'm Mika. 

Since this is my first writting, let me introduce myself. 

I was raised as CODA, Children of Deaf Adults.

 

I could not accept myself till I was 20.

 

However, my proffesors changed my world.

Because I went to a college, which 80% of professors are foreign teachers,

they have more opened-views about disabled.

I could not tell anyone my paretns are deaf

because of stereotype people in Japan have,  but one day,

a professor said " You are amazingbecause you can speak Japanese and English also sign!!!"

By the time I talked with my professors, I even had not recognized Sign Language as a language.

 

Now I study in graduate school about teaching Japanese.

I kinda figured out deaf people and

foreign people have similar questions about Japanese langauge.

 

I know how much langauge can help poeple studying, talking with people or 

whatever we do. Language has power to enpower us.

 

I haven't found what I really want to do for the rest of my life and if i can I am very lucky.

However, I hope what I do will be coneccted somehow with Japanese, English, and Sign Language in the future.

 

Share your dreams with me!

Thank you.

 

※it would be very helpful if you find mistakes in my sentences too.lol

 

Reset and Rebuild.