読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
かごんまおごじょの気ままなblog

隠れたアイデンティティに再開した日

コーダ/CODA

f:id:chanmika:20161022153520j:plain

 

先日故郷に帰ったとき。

私は人生で初めて私以外のCODAとお話をしました。

 

とても不思議な感覚でした。

 

  • 親から「この日本語どう?」と日本語の訂正を頼まれる。
  • 幼いときから電話応対をする。
  • なにか決断をするときは、事後報告。

など、なかなか周りの友達とは分かち合えないような

幼少期の体験をわかってくれている人がいる。

 

NPOへの突撃訪問

 

そして、そのままの勢いでその方が働いている

NPO団体の活動現場に訪問させていただきました‼‼

 

  1. 就労継続支援B型事業の一環として:ワッフル専門店

 とてもおしゃれで、店頭にできたてのワッフルが♡笑

批判されるのを覚悟でいうと、正直就労支援の施設とは

イメージが全く違っていました。

 

 2.放課後デイサービス

 

 聴覚障害のある子どもたちが、勉強を教えてもらったり

保護者が迎えに来てくれるまで遊んでいたり。

 

NPOの職員の方も、私の手話の能力に合わせて

口を動かして話してくれたり、手話を教えてくださったり。

また、手話の講師をされている方の手話は

なんというか「芸術的なきれいな手話」でした。

 

以前、書いたことがあるかわかりませんが、

私は手話を使っていると声がどんどんでなくなります。

(声を使って話さなくなる、というほうが正しいでしょうか)

声を出さず、手話で話していると

忘れていたもう一人の私が出てきたような

そんな気持ちになりました。

 

そして、なんといっても子どもたちの笑顔!

キラキラしていました。

子どもたちが楽しく学校にいくことができて、

きちんと情報を取り入れられるような環境を

提供していける社会を作りたいですね、と

職員の方と話しかたでした。

 

温かく対応してくださった職員の皆様に感謝です。

 

みなさんも、自分のアイデンティティと再開する、

そんな瞬間があればお聞かせください^^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Reunion with my identity.

I saw a woman who are also CODA last week.

I was the first time for me to talk with a CODA.

 

We shared common experience as CODA

Like: correcting parents' Japanese, answering phone call,

report after we decide to do something etc.

 

After having lunch, she brought me to a waffle shop and 

After school care program, which are run by NPO the womam works at.

 

When I talked with staffs at after school care program,

sth interesting happen.

I gradually became voiceless.

I personaly think that this is one of the characteristics

hearing people who sign have.

 

At that time, I felt like I saw another myself

and felt safe.

 

Tell me if you have moment that reminds you of what you are.

 

 

 ※トップ画像:http://free-images.gatag.net/tag/twinsより

Reset and Rebuild.