読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
かごんまおごじょの気ままなblog

安心の涙

先日、とても印象的な出会いがありました。

それは、テゲツー!寺子屋のゲストの成澤俊輔との出会いでした。

以下、成澤さんのプロフィールです!

f:id:chanmika:20160830154929j:plain

1985年佐賀県生まれ。網膜色素変性症という視覚を徐々に失う難病を抱えながらも、世界一明るい視覚障がい者として、2009年に独立。障がい者雇用に関する、コンサルティングやイベント企画で全国を飛び回る。2011年12月1日よりNPO法人FDAの事務局長に就任、2014年理事就任。就労困難者に就労に至るまでのトレーニング環境を提供している。一人でも多くの就労困難者を救うために奔走している。*1

 

トークイベントでは、障がい者のかたとどのように働いているのか

成澤さんがどのような志で働かれているのかなどを

お聞かせいただきました。

※内容はオフレコな部分もあるので伏せさせていただきます(汗)

 

f:id:chanmika:20160830155045j:plain

 

興味がある方は、脚注やテゲツー!寺子屋からとんで調べてみてください。

 

安心して泣くことってあるんだな・・・

 

f:id:chanmika:20160830125754j:plain

 

トークイベントの間、私は何度も涙をこらえていました。

(実際泣きましたが…笑)

でも、悲しいとかではなく。

 

それは、成澤さんが「大丈夫だよ。」と言い切っていたから。

「大丈夫?」と聞いてくる人は多くいる。

しかも大体が”大丈夫じゃない”という答えは期待していなくて。

 

「大丈夫」って言い切ってくれる人がいること。

こんなに心強く安心できる言葉はないんじゃないかと。

 

就職不安なんです。どうやって生きていけばいいんだろう・・・

そんな風に悩んでいる人たちにとって

「大丈夫?」ではなく、「大丈夫!一緒に頑張ろうぜ!」って言える人は

果たしてどのくらいいるんだろう。

 

ダイバーシティの意味

 

そして、もう一つ印象に残ったことが。

みなさんは、ダイバーシティってどういう意味だと思います?

多様性って訳する人が多いと思うのですが。

 

成澤さんは、ダイバーシティ=比べる相手がいないこと

とおっしゃっていました。

 

私は聞こえる人たちと自分自身(CODA)という立場で

比べることが多いなーと思っています。

成澤さんがいうダイバーシティの意味、

私にはちょっと難しくて、まだ消化しきれていないのですが

私の目指している社会にとても近いのかな?と思います。

 

このような機会をいただけたこと、感謝します!

この記事を読んでくれた方、ぜひテゲツー!も見てみてください^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

I met a man who are  visually handicapped at a talk event.

This encounter was just amazing.

 

He is working with various types of  disabled poeple. Can you imagine?

Off the top my head, I know a company who saying they helping disabled people

but not like the organaization  he comes from. 

 

His name is Narisawa Shunsuke

Born in Saga Prefecture, 1985. Graduated from Insurance Medical Welfare department at Saitama prefectural university. While suffering form retinitis pigmentosa, established a business in 2009 as “The most cheerful visually-challenged person all over the world”. Travels everywhere in Japan, planning consulting or events regarding the employment of challenged people. Took up a post as chief executive at incorporated non-profit organization, FDA since Dec. 1 in 2011. *2

 

At this talk event, Mr.Narisawa kept saying one thing.

"It's okay. No problem. I am with you."

When he said this phrase, I needed to hold my tears.

 

Thinkinkg back the time, now I kind of know why tears came up.

People ask me "Are you okay?" but don't state positively but he did.

Then I knew how powerful this words "It's okay. No problem. I am with you."

 

I want to he a person who can say this words to people I see...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Reset and Rebuild.