かごんまおごじょの気ままなblog

自分の好きなところ。

なんとも、恥ずかしい題ですが。笑

 

先日、今働いている会社のインターンシップのOG

の学生さんとばったり会ったんです。

 

しかも、最初見つけたときは彼女が電話をしていて、

「話しかけられないから、今日はいいか!」

と思って帰ろうとしたときに、進んだ道の先でばったり。

 

これは、何かあるぞ!と思って、

しかも、私のブログを見てくれている!とのこと!

単純に嬉しくて(笑)、そのままお茶にお誘い。

 

すると、彼女は私に今挑戦していることを伝えてくれたんです。

 

「アパレルのバイト面接を受けようと思っていて…」

 

とっても不安そうに話を始めた彼女。

まさに私やん!って。笑

 

以前、ある方に教えてもらったこと。

 

~夢に向かおうとするとき、阻もうとするもの~

①小さい時から、人生の中で欲しいとおもったもの

全てを手に入れるのは無理だよって言い聞かせられてきた経験

 

②やりたいことはある、でも、夢のためにに行動すると

周りにいる誰かを傷つけるんじゃないか

 

③途中で失敗したら、どうしようという恐怖

 

④これまで追いかけてきた夢を、いざ実現することの怖さ

 

「ある。あるある。」って思いました。

 

きっと私が話した彼女は、

・大学4年生なのに就職をしないと、周りからどう思われるんだろう…

・アパレルで働くのって何歳になってもできることなのか…

・就活してるって家族に嘘ついている罪悪感

  ↑個人的には「いいね!」と思っちゃった。笑

・社会をなめていると思われてるんだろうな…

 

その他もろもろの沢山の怖さがあるんだと思います。

 

ただ、おびえながらも、働きたいアパレルの

面接を受けることに決め、近々面接があるんだそうです。

きっと、その場所に面接を受けたいと連絡するときも、

「これをしてしまうと、叶わなかったとき

私はどうしたらいいんだろう…」

とかいろんな葛藤があったと思うんです。

 

でも、もがきながらでも進む力が人にはあるんだな

ってことを改めて教えてもらいました。

 

そんな私も、今日ある方にやりたいと思うことを

自分の口で伝えることができました!パチパチ

小さい階段の一歩かもしれないけれど。

今週ずーっと怖かったし、やっぱり泣きましたけど。笑

伝えたからこそ、次のステップが見えてくる。

 

全然具体的じゃないな。

でも、これが自分の好きなところ。

 

 

諦める勇気。

私、今まで諦めることって悪いことなんじゃないか。

続けられないことって駄目なんじゃないか。

そんな自分は嫌い。=そんな他人も”ダメ”

 

こんな風に生きてきた。

諦めることがダメだと思っているから、

今私がやりたいと感じていることも

「これをやったら、大体こういう結果が出て、

こうなるな~たっだら、最初からやめとこう。」

こういう意味で、賢いかもしれないけれど

私にとっては良くない諦めはずっとあったと思う。

失敗したら、どうしようとか。嫌われたらどうしようとか。

こういう勝手な憶測と混ざって。

 

前の記事でも、書いたんですけどいい意味で

1年間頑張ろうと思って、私なりに努力してきたことを諦めた。

「あ。これ、私の問題じゃない。」って。

でも、これは自分なりに努力してわかったこと。 

 

前回の更新から数日たったある日、大学時代の友人Aから久しぶりの連絡。

友人A:「ブログをみて、電話した~」

 

その友人Aは、大学卒業後

新卒で就職 in 東京→やめて宮崎へ一時帰ってくる

派遣として働く in 東京→海外の大学院に受かる→あれ?本当に行きたかった?

→IT関係会社へ就職 in 東京 という流れを体験していたそうな。

※順番とか抜けてる情報があったらごめん。笑

 

友人Aは、大学にいるころから海外の大学院に行きたい

ってずーーーーっと言ってた。だから、

ええええ?!って思ったんだけれど。

 

理由を聞いてみると、友人Aにはずっと親に言えないことがあったようで。

大学院に受かったタイミングで、その思いを伝えることができたみたい。

 

「もう一回海外の大学院に行きたいのか考えてみたら、違った!」

 

それが、友人Aの答えだった。

何かから逃げようとして、創り上げていた理想?だったのかな?

って私は受け取ったけれど、友人Aが今幸せならそれでいい。

海外の大学院に受かる勉強をしたことがまず尊敬だし、

受かったことも尊敬。 それをやめようと決めること。

その決断をする友人Aが本当に強いな~と感じました。

 

私は、人生25年間、部活も、学校も辞めずにストレートで続けてきた。

それはそれで、やって本当に良かったと思う。

 

でも、本当に自分を生きている感覚が

持てるようになったのは、本当に最近の事。

なんなら、諦めよう~!って思えてから、

まだ抜け出せないけれど前よりも自分っぽくいられるなと思う。

 

人は、私をわがままだというかもしれない。※実際に言われる

人は、私はまだ社会を知らない。

   なめてるというかもしれない。※これも言われた。w

 

よく誰が決めたのかもわからないけれど、

「続けることが美徳」「諦めないで!」

みたいな教訓を耳にするけれど。

 

いったん、外してみること。

これが正しいとか言っている訳ではなく。

それで、自分が幸せになれることもある。

勇気がいるけれど、自分の心にスペースを生む

大切なことだなと思いました。

 

 

 

 

大切にしていこうと再認識したこと。

 お久しぶりです。

 

とてもとても久しぶりです。

 

これは理由にならないけれど、就職したとたんに

「あ、会社がどう思われるかな」とか、

「”社会人”としてこんなことは言ってはいけないな」とか

いう考えに押しつぶされて書けなくなっている自分がいました。

 

就職も、結婚も、住む土地が変わるという経験が

一気に押し寄せていて。

この1年、結構カオスだった。笑

 

ただ、最近いい意味であきらめを感じる経験があり、

「会社の自分のデスクに行くことを仕事とするのはやめたいな」

と思ったんです。

他にも、たった1年ですけど、感じたことは

もし聞きたい人がいたら話します。笑

 

んで、私が大切にしたいなとやっぱり思ったことは、

自分がやりたいなと思ったことを伝えることと、

自分にだけは嘘はつかないこと。

他人の意見は、参考程度に受け止めること。この3つです。

 

今度また記事にできればと思うんですけど、

今月中に友達がやってる金曜夜だけのBARに

参加させてもらえたりとか。

大学生と私がやりたいことをやれそうとか。

 

やっぱり、「やりたい!」を発信すると、

でぃすってくる人もいるけれど、

同じくらい応援してくれる人もいるんだなと。

 

あと、私よく泣く人なんですけど、

しばらく自分に嘘をつきつづけていると、

ある日突然、嗚咽しながら泣いちゃうとかが起きる。w

自分でもびっくりするくらい。

ただ、私はこれは私の強みだと思っているので。

いくら怖くても、私はやっぱり伝えると思ったことは

嗚咽になってでも伝える力があるってこと。笑

 

あとは、親とか、おばあちゃんとか友達、

上司、同期などもちろんたくさんの人に支えられて

私は社会人1年目を過ごしてこられたこと、

とても感謝しています。いや、本当に。

 

でも、自分の人生はやっぱり自分の人生です。

誰も責任はとってくれない。

だから、周りの人がどういってこようが

とっても気になるけれど参考までにしておくこと。

ただ、これは私がやりたいと思ったら、

がちで真剣に向き合いたいなって思います。

 

うん、とっても大切だから書き留めておこうと思いました。

読んでくださって、ありがとうございました。

シェアハウス備忘録ーミヤザキcoming館―

鹿児島に引っ越して、

下のキックボクシングジムの騒音と

戦っている私です。

f:id:chanmika:20170324154635j:plain

 

シェアハウス≠テラスハウス

 

ご存知の方はいらっしゃると思いますが、

宮崎ではシェアハウス生活を半年していました。

他人から友達に。友達から、

家族というか、何とも言えない

でも心地いい感じに。

 

テラスハウス的なことはなく、

すっぴんの髪ぼさぼさでも

過ごせるそんな空間でした。笑

 

そんな生活を振り返って、備忘録にしようと思います。

何回でも立ち返って思い出せるように。

 

 

入ったばかりの頃

 

まだ友達とは言えない仲間との生活は

さぞストレスが溜まるだろう・・・と

周りの人から心配されましたが。

 

本気でバンドをやっているお笑いに詳しいドラマー

金髪だけど話すととってもふんわりしていて

最後に泣いてくれたベーシスト、

アーティストとしての可能性が半端ない

日本を歩いて旅している人、

みんなにかなりどつかれながらも

夢に向かって頑張る学生くん、

シェアハウスとコワーキングスペースをして

日ごろは何をしているのか謎だけど

イケメンの館長さん

館長さんのつがいで笑顔が素敵な移動研究家さん

※そのほかにも、館長さんのママの料理はうますぎて・・・

とかいろいろあります。笑

 

「初めまして。」の仲間と、おんなじ屋根の下で

ご飯を食べて悩みを聞いてもらったり

ふざけてみたり。

 

ストレスはそんなになく、すんごく温かい!って感じの

受け入れ態勢ではない感じがまたよかったのかも。笑

 

中間地点

 

みんなの価値観が分かるようになって

シェアハウスの住人として知られるようになって。

週に1回の食べ物持ち寄りの夜ご飯とか、

(全然)24時間耐久(じゃなかった)クリスマス会

月に一回の住民会議、神社参拝

(そのあとのパン屋さん)

 

私はよく「それ、必要?」って言ってしまうのだけれど

 

みんなでなんとなく過ごす時間って必要だな

とじわじわと実感させてくれた

 

時には長期で滞在する外国人の友人と

語り合って再会を誓ったり。

 

ここが過ごしやすすぎて、外に出たくなくて

「私はネットフリックス廃人です」と

名乗りまくっていたあの日。

 

最近私が勝手にメンターだと思っている

スウェーデン在住の方に言われた一言

「気の合う人ばかりが周りにいる

環境ってある意味異常だよ」

本当に”異常”なくらい居心地のよい場所です。

 

最後の2か月くらい

 

私は修士論文に追われていて、

全然家の事とかできていなくて

 

文句を言わずにいつもどおりに

接してくれたみんなにとても感謝しているし。

 

最後にドラマーの子が、

「また会えるから」的なラインをくれて

 

いや。本当にそうだもんなー

 

普段は引っ越しの途中の

ものがだんだんなくなる部屋を見て悲しくなるのに

私にとっては目に見えなくても、存在する場所

って感じなので(いい意味で)悲しくなかった。

※ベーシストの子が泣くから、最後は泣いたけど。笑

 

 

今は、外国人の彼と同棲をスタートしています。

※彼との話を書いて―というリクエストがあるので

また書きたいと思っています。

 

幸せではあるけれど、みんなが恋しいです。笑

でも、「気の合う人ばかりが周りにいる

環境ってある意味異常だよ」って本当にそうで。

 

私はそういう空間が作れた!って思ったら

外に飛び出したくなる人で。

 

なんでだろう。

 

ただ、これができるのって

またみんなは「おかえり」って

言ってくれるし

またみんなにも会いに行くし。

 

って確信があるから。

 

最近前よりなんか軽い雰囲気だねと

言われるようになったのですが

シェアハウスのみんなのおかげです。

ありきたりすぎるので、

感謝とかとは違う言葉が欲しいくらい。

 

これからシェアハウスに入る人は、

私みたいに幸せに過ごしてほしいし、

みんなのことをよろしくお願いしたいです。笑

 

みんな、大好きでーす💛

 

 

 

 

「やるしかないっしょ?」

先日大学時代のダンスの先輩カップルと食事に。

実はわたくし、ブレイクダンスをやっていたことがあって。

f:id:chanmika:20170307144622j:plain

※左の人です。すげーって思うかもしれんけど、ポンコツでした。笑

 

ブレイクダンスの世界は

男の先輩が多いこともあってか、

ふざけてばっかりで。

 

食事にいった先輩もダンスの仲間は

「ふざける仲間だったもんな~」と。

 

一番覚えてるのは、誕生日(1/31)

にお気に入りのAdidasのパーカーのまま

海に投げられたことです。笑

かなり不機嫌になったけど、先輩たちが

爆笑してくれたのでなんか私まで面白かったです。

 

タイトルの真意

 

タイトルの「やるしかないっしょ?」は、

罰ゲームや悪ふざけをするときに

ブレイクダンスの仲間のみんなが

言っていた魔法の言葉です。

 

これをいうとなんでもやれてしまうみんな。

さすがに私は鼻から一味唐辛子を

吸い込むのはできなかったけど。笑

 

でもこれって悪ふざけのときだけの

魔法の言葉じゃないなって思いました。

 

私、ものを落としてしまったとき

「はあ…」ってため息ついたり

舌打ちしてしまう代わりに

「いえい!」っていうようにしてるんですけど

(真似してみてください。楽しくなるから。笑)

 

自分から発する言葉がポジティブであるほど

「やるしかないっしょ?」って言うほど

なんかわからないけど”やれそう”って思えるし

少なくともちょっと勇気が湧いてくる気がしています。

 

  • ものを落としてしまったときの「いえい!」
  • なんか落ち込んだ時の「次いこう、次!」

 

私が意識して使うようにしている自分なりの魔法のことば。

 

みなさんも魔法の言葉

お持ちでしたら、

こっそりでもいいので教えてください^^

 

 

 

 

 

オモイの正体。

f:id:chanmika:20170228163457p:plain

 

最近、「誰かからなにかプレゼントをもらうとき、

他になにを受け取っていると思いますか。(物体としてではなく)」

という質問を、されたことがありました。

 

みなさんは、何だと思いますか?

 

ご飯を食べるとき

 

この正体は、私がご飯を食べるときに

受け取るものとおなじだと思っていて。

 

私はいつもご飯を食べるとき幸せだなーと思うですが。

 

食べるご飯によって

満腹でいられる時間が変わるな、と思っていました。

 

コンビニのご飯をどんだけ食べても、1時間後には

「おなかすいたなー・・・」とほざいてしまいます。

※コンビニの食べ物も、

開発者の方たちの努力によってできていますので、

くみとり力が足りないと思っていますが、それでも。

 

例をもう一つ。

 

その人の背景をしっている

 

CHAHO(鹿児島中央駅近く)というカフェがあるのですが

そこで私がお世話になった人が淹れてくれたアールグレイや、

タメでビール×お茶事業を頑張っている○○くん(写真:右)の

ほうじ茶ビールを楽しんでいました。

f:id:chanmika:20170228152645j:plain

 

その時に、正体が分かった気がしました。

 

自分で作ったり、誰かが作ってくれたってわかっているもの、

その人の想いをしっているときは量が少なくても満腹感が持続する。

 

つまり、プレゼントにしても誰かの手作りご飯にしても

「この人がどのくらいの時間をかけて、

どのくらい考えてくれたか」

というオモイを受け取ることなんだなと。

 

私はこの「受け取り力」を食べ物を受け取るときに

発揮することが多いです。笑

 

ことばって大事だけど、ことば

 

だからこそ、本当に考えて本当にオモイがこもっているものを

きちんと受け取れる人でいようと思います。

 

 

 

※最後まで読んでくれた方へ 報告

あ、そういえば、入籍しました。いえい!

 

 

 

 

使用素材↓

http://jp.freepik.com/free-photo/_1057064.htm:Freepikによるデザイン

 

 

 

柴田勝家だったとは。

ちゃんみかです。

まだ、宮崎を出てはおりません。笑

来月から鹿児島です!

 

いっつも真面目なものばかりなので・・・

家紋を調べてみた

 

実家の事業(造園業)に勝手にロゴを

創ろうと、家紋を調べてみました!!!

じゃん!!!

f:id:chanmika:20170221211758p:plain

家紋『五瓜に唐花』の画像、意味・由来、読み方を徹底紹介 | 戦国ガイド

名前は「五瓜に唐花紋」(ごかにからはなもん)

日本五大家紋「木瓜紋」の一種。神紋として、京都八坂神社を初めとする祇園社などが使用。
見た目から胡瓜の切り口を思われがちだが、鳥の巣をデザインしたものと伝えられる。鳥の巣=子孫繁栄の思いが込められていて、めでたい紋とされる。

鳥の巣をデザインしたもの・・・どのへんがなのだろう。笑

 

ちなみに、戦国時代の武将 柴田勝家さん

(織田信長の妹と結婚した人)もこの家紋らしい!

 

 

こっからどんなものができるのか、お楽しみに♪

 

皆さんも、家紋とか調べてみたら面白いかも!

Reset and Rebuild.